ころびんさんと巡るヨ-ロッパ2017 エラフィテ諸島クルーズ

優雅にドゥブロヴニクから近郊の島へクルージング!

20170806130837205.jpg

アドリア海の潮風を感じながら行く、エラフィテ諸島クルーズ。
いいわね、いいわね、サマになるわー。と鼻息マックスで挑んだけど、

漁船に毛が生えたくらいの小さい船で、祖父が所有してた小さい漁船、その名も房丸。より小さいじゃないの。

でも、思い出すわ、遠くから聞こえる房丸の、船笛。 ポンポンポンポンポン あ〜懐かしいわ。と亡き祖父を思い目頭が熱くなった頃、隣をチラ見すると、めっちゃニヤニヤのなんたまま。

201708071452017c6.jpg

その手に持つスマホから聞こえるのは、 海の音に搔き消されながらも 、はっきりと主張してくる、グゴーグゴー音。
なんでも昨夜、悪態つきまくりのワタクシのイビキ採取に成功したらしく、なんたままはここぞとばかりに再生しては ニヤニヤ。再生してはニヤニヤ。。。

いい加減やめんかい! ワタクシがイビキ?  言っとくけど、普段は全くイビキなんかかかないの!疲労困憊のときのみ、一年に一回くらいよ! その一年にたったの一回が昨夜だっただけよっ!!!
たぶん。。

そうこうしてたら着いたわよ、最初の島。 ロプト島

201708061308390f6.jpg

リゾート地でも何でも無い普通の島を巡るこのツアー。見所は、、、ほぼ無し。

でもね、鼻息荒く必死こいて調べたら、いいビーチがある!って噂に辿り着いたの。 でもそこに行くには山を越え、、、

20170806130839171.jpg

ってことで、メンドくさいから、これもネットで調べた バギーで レッツゴー!

あっと言う間に着いたそのビーチは、めっちゃ美しいに違いない!!!

白い砂浜に青い海! 早よ早よ早よ早よ見たい----!

20170806130840014.jpg


と思ったら、フツー。。。

20170806130842cb5.jpg


わざわざ来るほどか!? しかも日本からだぞっ!

20170806130843875.jpg


チッ。完全に無駄骨や。。。と散々悪口言って、着いて2分で引き返すばばあ2人組。。。 時間はたんまりあるから徒歩で帰るわ。

30分程のどかな道を歩き、元来た道へ。

20170806130845972.jpg


ヨードハーバーはあるけど、

20170806130846f70.jpg


特に何にもないこの島。

20170806130848f55.jpg


だけど、世の中の喧騒から逃れ、何もしないという贅沢を叶えてくれる島かもしれぬ。

20170806130849117.jpg


この美しい海を見ながら、

201708061309193bd.jpg


一日中カフェでぼんやりするのも悪くない。

20170806130921119.jpg


そうね。 まずはこの島でポエムでも書いちゃおうかしら? ポエットさみ-さんの出番だわ。 

と思ったけど、3時間の自由時間すらなげーよ!とぶーたれるワタクシたちにとって、何もしない贅沢はまだまだハードル高いわ。

やっとこさ自由時間がおわり、船に戻ったらランチタイム。

どうせロクなもん出ないからランチ要らなくない?とまたもやぶーたれるワタクシたちだったけど、

20170806130922b1a.jpg


意外や意外。中々美味しかった。 しかもこのランチ、船のスタッフのおばあちゃんが作ってくれたようで、

20170806130924104.jpg


孫の為に一生懸命作ってる姿を思い浮かべ、おばあちゃん、あなたの孫は今立派に仕事してますよ!と涙をうっすら浮かべ、一口一口噛み締めながら食べてたけど、食べ終わるまで船は停泊したまま。この時間無駄じゃね?進みながら食べたくね? とブーたれは相変わらず健在。

201708131237548bd.jpg


そして3時間程滞在してこのロプト島に別れを告げ、

やって来ました次の島、シパン島。

201708061309250a0.jpg

最初の島もこの看板撮っときゃ良かった。

この島はワインが有名なようだけど、敢えて言うなら。と言うだけで、特に見所も無い島なので、

2017080613092764d.jpg


テキトーにブラブラしてたら、かわゆいワンコさんにご対面。

20170806130928f22.jpg


のどかな風景

20170806130930139.jpg


本当に何もない島だけど、

20170813123751fe0.jpg


海の透明度はこの島も抜群。

201708061310102ea.jpg


透明度が高過ぎて、船が浮かんで見える。っちゃー見える。

20170806131011042.jpg


タイトル: ぼっち。

20170813123752ee9.jpg

なんたままの後姿が切ない。。。

ヨ-ロッパに日傘持参で挑むワタクシに、ヨ-ロッパでは日傘は異様だから止めろ!と散々言ってたなんたままだが、暑さに負け、雨傘使用中・・・ 

そして最後に向かったのは、コロセップ島。

2017080613101168a.jpg


唯一あるリゾートホテル前には、金持ちのステータス、日焼けに勤しむヨーロッパ人がそこそこ居たけど、

201708061310132cd.jpg


いきなりの天気急変にビーチもまだら。

20170813123754397.jpg


雨が降ったかと思えば晴れたり。を繰り返し。

20170806131015b28.jpg


ここも見どころないし、暑いから動きたくないから もうやることもないんですけど-・・・
と自由時間はまだかなりあったのに船に戻り待機。

201708061310167f2.jpg


その後はめんどくさくて写真すら撮ってなく、、、

いきなりディナ-タイム。

20170806131017d82.jpg

本日もル-ムサ-ビス。 ワタクシはイカのなんじゃらとなんたままはステ-キ。
パンが冷たいから温っめて持って来て!となんたままに言わせ、最終日にしてようやく温かいパンにありつけたけど、、、

パン多くね? 10個くらいあるんですけど・・・

そんなことより、なんたままが またニヤニヤしてるよ。 ワタクシのグゴ-グゴ-のイビキ録音を再生してはニヤニヤ。 再生してはニヤニヤ。
その内ご丁寧にデ-タを送ってきたわ。

そんなことはど-でもいいから早よ寝ろや!

アドリア海のすてきホテルに響くワタクシの怒号となんたままが流す、グゴ-グゴ-音。と共に就寝。

つづく  

ころびんさんと巡るヨ-ロッパ2017 モンテネグロへ

ドゥブロヴニクからモンテネグへの日帰りツア-?

そもそもモンテネグロってどこよそれ! と暑苦しく食いつき、 まあ、どこにあるかは分からんが、旧ユーゴスラビアのどっか?

その程度の知識しか無い分際で、現地ツアーを申し込み、出発当日の早朝から、モンテネグロが呼んでるぜ!と大張り切り。

ツアーの車が ホテルまで迎えに来てくれるって言うから、ばばあ二人が日焼け止め塗りたくってホテルの前で待ち構えてたら、来たわ、来たわ。

20170711185511fdb.jpg

8人乗りの小さいバンが。

既に3人席が2人ずつ埋まってたから、ワタクシたちは仲良く隣に並んで座れるドライバーの隣の席に。

ころびんさんも席を確保して、ツア-のみんな かも-ん!さあご一緒に、れっつご-!とはしゃいでたら、、、

20170711185511f62.jpg

あれ? みなさま大人し目。 シャイなはずの日本人が一番うるさいパターンで暑苦しさ全開?

では改めまして、本日の仲間を写真はないけど紹介。

カップルでノルウエーからお越しの、3人席を2人で占領しそうなほどの体型をお持ちのブーデー、いやチャビー(chubby)さん。

続きましては、タイからお越しの女の子2人組。

最後に、インド系カナダ人の美男美女&お金持ち風カップル。

そしてワタクシたちの計8人。

ドライバーは感じのいい、名前は忘れたけど、Dと呼んでって言ってたから、Dさん。

快晴の中、爽快に走るワタクシたちを乗せた車は モンテネグロの国境を越え、フェリー乗り場に到着。
本当はフェリーは帰りに乗るはずだったけど、トライアスロン開催中だった為、行きに変更。

フェリーと言ってもほんの数十分の移動するだけの小さなフェリー。



美しい海を渡り、

2017071118340049b.jpg

名前忘れたけど、なんとか。って海辺の街で、時間が余ったとかなんとかで30分休憩。

海辺のテラスで、オシャレに飲むステキなワタクシ。風に撮れ。 となんたままに指示し、中々既読にならんあのオトコ(ろびんぱぱ)に送り、オシャレに飲んでる風。を必死こいて研究してたらあっと言う間に待ち合わせ時間に。

20170711183401215.jpg

ころびんさんに興味津々のかわいいわんこさんに別れを告げ、

securedownload 28929

目的地にレッツゴー!

着いたのは、アドリア海に浮かぶ出島、スベティ ステファン島。

20170711183402c07.jpg

元々は漁村として栄えた島だけど、2009年からアマンが権利を買い、プライベートリゾートとして生まれ変わった島。お値段最低一泊10万から。 

宿泊者じゃないワタクシたちは入れるはずもなく、上から見るだけ。
下から見せろや!と思ったけど、もちろん無理。。。 

ところで 数々のハリウッドスターたちがお忍びで来るらしいこの島、さっき一泊10万から。って言ったけど、
このモンテネグロの平均月給って知ってる? なんと400〜500ユーロですって! 

そこから考えると、相当な値段じゃね!? そんなセレブリゾ-トがどうしても見たくて、よそ様のセレブブログを漁って宿泊の様子を盗み見したけど、狭い島だから、特に、、、って感じだったわ(お前が言うなって?)

あ、それから、モンテネグロはユ-ロ圏では無いが、通貨はユ-ロ。 
連邦解体後、自国通貨 セルヴィア・ディナールを廃止し、経済的に近い距離にあるドイツ通貨・マルクを通貨としてたが、その後ドイツでのユーロ導入の為、モンテネグロもそれに追従しユーロに切り替えた。らしい。。。

続きましては、ブドヴァ。 ロシアの富豪たちのヨットが停泊する海岸線を通り、旧市街に到着。

20170711183404c61.jpg

城壁の頂上から見える景色の

20170711183406e69.jpg

蒼いアドリア海とオレンジ色の屋根の美しさは格別。

2017071118340797b.jpg

まさにワタクシにぴったり。と鼻息荒げで、美しい景色をバックに、何気なく写るワタクシ風。に撮れ。なんたままに命令してたら、
マジでウザいとクレ-ム。。。 昨年までの、撮るよ。と言っても、興味ね-からいいよ。と言ってたワタクシが懐かしい。あの頃は良かった。とのこと・・・ つべこべ言ってね-で、撮れや!と脅し、ひと悶着した後は、

ドライバーのDさんのお勧めのレストランで。

20170711183409147.jpg

味はフツ-。 観光地だから安くもなく、かと言って高すぎず・・・


次の目的地は世界遺産のコトル。

最初の30分だけ現地ガイドさんがコトルの歴史や見所を説明してくれたけど、

20170711183410e6e.jpg

だけど誰も説明聞いてないんですけど。。。

皆んな自由に写真を撮ったりなんだりして、
ワタクシも全く説明聞いてなかったけど、なんだかかわいそーになり、聞いてるふりだけしてたけど、 聞いてるフリも段々疲れてきて、最後はそれも放棄。

ガイドから解放された後は、自由時間。  

早速、城壁に登るべく、入り口へ。

20170711183418960.jpg

ちょっと前だったらめんどくせ-。とブ-タレて絶対登らなかったであろう、こんな道の城壁。

201707111834159f9.jpg

それが、数年前に強制参加の城壁を登らされてから、その楽しさと達成感に感動。 
今回も登ると意気込んでたけど、なんたままってばまさかのヒ-ルで参加。

舐めとんのかっ! 

ま、そういうワタクシも若干ヒ-ルのサンダルだけれども-・・・

すれ違う人々にバカにされながらも、二人で手を取り合って、

上まで来たがな---!!!

20170711183413746.jpg

汗めっちゃかいて加齢臭が気になるところだけど、この景色を見たら、加齢臭なんかど-でもええがな!

今はただ、ただこの美しい景色を目に焼き付けようではないか!

と思ったけど、息切れ動悸が激しく、それどころではなかったけどね・・・

20170711183417062.jpg

帰りも手を取り合って降りて参りました。

20170711183412af9.jpg

最後に、観光の目玉 聖トリプン大聖堂の写真を撮って、

201707111834192fb.jpg

残りの時間は、カフェで。 オレンジジュースを飲みながら、さっき城壁まで登った時に大量放出された加齢臭の汗をシ-トで拭き、スッキリ。

20170711183421008.jpg

そして、コトルに別れを告げ、最後に向かった、いやちらっと見せられたのは 人工で出来た島、 Our Lady of the Rocks へ。

あのトライアスロンが無ければ、ボートで島に行けるオプションがあったようだが、

201707111834226f9.jpg

時間がなく、対岸から観察。


で、最後に記念撮影してホテル前で解散。そういえば、なんたままのメールに記念写真送ってくれるって言ってたけど、
ねヴぁ-送られて来ませんけども。。。 きっとなんたままが放置しとるな-。

そんなことより、

本日のディナーは昨日と同じくルームサービス。 

昨日魚を頼み美味しかったけどソースが気に入らん!
といちゃもんを付け、ソースにレモン入れるのは止めろ。オリーブオイルもたっぷりかけ過ぎや。とあれこれなんたままに指示し、忠実にそれを伝え注文した結果、

魚の種類はスズキと言ってたのに昨日とは全くヤツ登場。

201707111834245ea.jpg

しかも何故かレモンは要らん!と言ったのに、レモンをソテー&オリーブオイルたっぷりのジェノベーゼ風ソ-ス付き。
魚が干物みたいになってるのは気に入らんが、努力は認める。と上から目線。 

ベランダではしゃぐなんたままを聞こえないフリして無視し、音楽聴かせろ!と夜に騒ぐなんたままを寝たフリして交わすことに成功!
やっと寝たか!と確認しベッドへ。。。

この夜、なんたままに逆襲されることも知らず、ぐっすり就寝。

つづく。
sidetitleプロフィールsidetitle

サミ-インドラ

Author:サミ-インドラ
だっくすのろびんです

イザベラタン♀2010年12月23日生まれ
性格はビビリですが、とっても大人しいです

♪ ろびんの心の友 ♪
名前:なんた ベルギ-在住


名前:しょうゆ ベルギ-在住


名前:まりー・きゃろりん ベルギ-在住/2014年1月19日お星さまになりました    


オ-ダ-首輪&リ-ド

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleブロとも一覧sidetitle

湘南生活もろもろ

ダックスコンビ ループ&アスリ

今日も青空
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR