小ろびんさんのバカンス ゴゾ島を観光

ゴゾ島。 観光バスに乗ってやってきたのは

S0580121 (500x375)


Dwejra Bay(ドゥエイラ湾)近くにあり




ゴゾ島に行ったら必ず行くべきだと言われる

DSCN5107.jpg


Azure Window (アズール ウインドウ)

数千年の風や波に浸食されて出来たと言う、自然が造ったア-チ。

DSCN5116.jpg


そんな自然が造ったすばらしい光景を目の前に、必死こいて写真撮ったけどさ、

風が強すぎて小ろびんさんが吹き飛ばされそうで大変!

DSCN5117.jpg

そしてめっちゃ踏ん張らないと 小ろびんさんのみならず、

ワタクシ自らも吹き飛ばされそうな勢い!

でもさ、必死こいて全エネルギ-を使い果たし撮った割には、

やっぱりワタクシのやっすいカメラではその迫力が伝わらないのよね。。。


ちなみに、なんたままのたっかいカメラで撮ったのがこれ。

S0640133 (500x375)

やっぱりたっかいカメラだと美しいわね・・・  


あ、そうそう、このア-チのウインドウ部分がここ数年崩れかけているらしく、

噂ではこのまま浸食が続けば、数年もしくは数十年で崩れてしまうそうよ。。。


続いてやってきたのが、ゴゾ島の首都、ヴィクトリア。 

ここでの自由時間は50分。
 
DSCN5122.jpg


特に観る物はないと決めつけ、ここで観光はせず、

ランチを取ろうとツア-会社がお勧めしてたレストランへ。 

全く期待してなかったけど、意外とおいしくって安くって大満足! 

DSCN5121.jpg


残り時間15分になった所で、首都の写真を一応撮りたかったワタクシは

記念写真を撮るからと、まだ食べ終わってなかったなんたままを残し、

鼻息荒げに一人ではしゃいで撮ることに。

でもさ、ふと気付けば、集合時間5分前なのにもう全員バスへ戻って待機してるじゃない! 

DSCN5123.jpg

いつも誰かしら遅れる欧米人が皆 バスに戻ってるなんて、ど-いうこと!???

と思ったけど、さっきのアズール ウインドウで既にランチを取った彼らは、

この首都で50分もやる事がなかったのね。。。 

集合時間まで後2分。 まだ戻ってこないなんたままを待たずとして出発する気満々の運転手に、

もうちょっと待って。とお願いしたけど無視の冷たい対応に危機を感じ、探しにいくことに。

集合時間ジャスト。やっと戻ってきたなんたまま。遠くから見えたワタクシのただならぬ顔を察し、

必死で走ってきたわよ! そして二人でバスに乗り、ギリギリセ-フ! 

みんなに謝りながら低姿勢で乗り込んだけど、

考えてみれば、遅れたわけじゃなく 一応集合時間ジャストなんだけどおおお・・・

DSCN5124.jpg


で、なんたままに 『どこで何してたよ!』 と問い詰めると、

レストランで貰ったおつりがマルタ発行のコインだったので大喜びで眺める。 

そしてお店の人と談笑し、最後に 見慣れないマルタの電話ボックスを記念撮影してた。

とのこと・・・

DSCN5125.jpg

ワタクシの恐ろしい尋問に震え上がりながらも、全て白状したなんたまま。。。

集合時間ピッタリに戻って来た何も悪くないはずのなんたままは震えたまま

次の場所へ向かう為、フェリ-に乗り込む。

つづく

小ろびんさんのバカンス ゴゾ島&コミノ島 編

朝6時50分。 ホテルでの朝食。 

鼻息荒げに期待して行ったけんだけどさ、見てよこれ。

なんだかしょっぼいのばっかりだったわよ。

DSCN5083.jpg


ホットフ-ドに至っては、この笑顔満点のおじちゃんが焼いてくれたオムレツのみよ。

後はね、変なサラダと変なハムと変なサラミと・・・

nanta mama 2015 holiday 342 (500x375)


あ、そうそうそう。

オレンジジュ-スなんてね、絞りたてじゃあなかったのよ!

ヨ-ロッパで絞りたてが出ないなんてどういうことよ! 

と朝からブ-タレてたけど、しっかり飲み干して、おかわりまでしたけどね・・・

DSCN5084.jpg

しかも、ブ-タレ炸裂の割には誰よりも食べたけどね・・・


8時20分。 眩しいくらいの快晴。 

今朝コンシェルジュを通して予約したツア-の迎えのバスを待つため、指定された場所で待機。



マルタ時間(中々時間通りに来ない)の噂通り 遅れて迎えのバスが到着したんだけど、

指定された場所には止まらず、目の前を猛スピ-ドで通り過ぎ、全然違う所でストップ!

大慌てで追い掛け間に合ったんだけど、まったく、、、油断も隙もあったもんじゃあないわよ。 



そしてバスで走ること10分。 フェリ-乗り換え場所のスリ-マに到着。 

既にかなりの人が待ってたけど、ちゃんと並ばないシステムのお陰で

受付が始まると同時にすばやい動きを見せ、先頭でフェリ-乗車に成功! 

DSCN5089.jpg


大勢が一斉に乗り込もうとバトルが繰り広げられてるのを涼しい顔で眺め、

良い席を確保したワタクシたちは、キレイな海を撮りながら れっつGO!と大騒ぎ。

nanta mama 2015 holiday 428 (500x375)


あ、そうそう。 このマルタ共和国は、本島のマルタ。そしてゴゾ&コミノの3つの島があり、 

今日はゴゾ&コミノ島に行くツア-に参加。

malta gozo comino

マルタ北部の街から自力でフェリ-に乗ってゴゾ島やコミノ島にも行けるけど、

面倒なので宿泊ホテル付近から出てるフェリ-のツア-を選択。


出発して早速見えて来たのは、対岸にある、首都のヴァレッタ。

nanta mama 2015 holiday 508 (500x375)


首都と言えども、徒歩で観光が出来る程小さな街。

nanta mama 2015 holiday 471 (500x375)


ステキじゃな~いい! とイチイチ最初こそはしゃいでご機嫌だったが、

こんなに快晴でも風が強く波が荒くって船が揺れる揺れる。そして風が冷たい冷たい。 

DSCN5097.jpg

その余りの揺れ&寒さにワタクシたちばばあ二人はあっと言う間にご機嫌斜めに。。。

普段寒さに強いヨ-ロッパ人も 寒いデッキを諦め下の船内へ。 そして船酔い人続出。

ワタクシたちは船内は臭そう&モワっとしてるので絶対酔う!という理由で寒いデッキで粘ってたが

ばばあ二人が耐える顔があまりにも惨めで気の毒に思ったのか、スタッフに促され下の船内へ・・・


しばらく大人しく船内に居たが、 

ステキスポットを見せるとかなんとかっていうアナウンスが流れ、大急ぎ&鼻息荒げにまたデッキへ

nanta mama 2015 holiday 613 (500x375)


でね、見たのがこれよ、これ。 

DSCN5099.jpg


幻想的じゃな-----い!!!

と興奮しすぎて鼻の穴開きっぱなし! 

バスクリン色に輝くこの神秘的な海を必死こいて写真撮ったけど、

なんだかさ、今見ると、ワタクシのしょっぼいカメラではこの美しさが伝わないのよね・・・ 

DSCN5100.jpg


ちなみになんたままのたっかいカメラで撮ったのがこれ。

nanta mama 2015 holiday 562 (500x375)

どう? バスクリン色が分かるかしら???


そしてステキ・バスクリンスポットに別れを告げ、興奮冷めやらぬまま戻った船内で、

またしてもワタクシたち、ばばあ二人組の心を奪われたシ-ンがこれ。

これよ、これ。

DSCN5103.jpg

美男美女がやるとまるで映画のワンシ-ン。  

普段は、こんなとこでイチャイチャ禁止!

と鼻息荒げに、イチャイチャ禁止令を連呼するばばあ達だが、美男美女がやると

こんなにも美しいのか・・・ と心奪われる。


最後に美しいものを見て、美しい心に生まれ変わったばばあ二人組みを

乗せた船は、ついにゴゾ島に上陸!

DSCN5105.jpg

観光バスに乗り換え、次の場所へれっつご-!

つづく

小ろびんさんのバカンス マルタへ出発

17時。 新しく増設された、ブリュッセル国際空港。
 
DSCN5069.jpg


見てよ、見てよ。 ピッカピカのツルッツルな空港を~。

なんなら鏡にもなりそうなほどピッカピカ。

DSCN5072.jpg


今年の冬からは待望の直行便(ANA)も登場するんだから、

もうベネルクスとか言っちゃって、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクを総称して

一括りにするのも止めて欲しいくらいだわ~。 

早速、次回は直行便で登場よっ!って鼻の穴広げて大騒ぎしてたけど、

成田発着らしいわよ・・・ チっ。 


あ、これはタンタンのロケットよ。
 
DSCN5073.jpg


出来たばっかり感をアピ-ルするためか、テ-プカットも大々的にやっちゃってるわよ-。

DSCN5074.jpg


お店も羽田と違って見るとこいっぱいあったんだけど、出発時間が近付いたので

ゲ-トへ。

DSCN5075.jpg


行き先は、マルタ共和国。

DSCN5076.jpg


日本人には馴染みが薄い、このマルタ。 

DSCN5078.jpg


どこにあるかざっくり説明すると、、、

malta.jpg

そうよ、そう。このマルタ、イタリアの下に位置してるのよ-。

公用語は、マルタ語、英語
人口僅か40万人。 面積は淡路島の約2/3の大きさ
マルチ-ズ発祥の国(でもマルチ-ズ見たことね-しと噂される)
猫ちゃんがわんさかの国(でもそんなにいね-しと噂される)

ガイドブックは日本語版が全然なくて、地球の歩き方に至っては、

南イタリア版にほんのちょこっと、申し訳なさ気に載ってただけよ!

だからさ、レビュ-が高評価だった、lonely planetのを買ってみたんだけど、

DSCN5321.jpg


字ばっかりで写真とか少ないわけよ。。。 読んでて眠くなる・・・みたいな。

マルタ史なんか詳しく書かれても、ど-せすぐ忘れるし、正直ど-でもいいから、

どこら辺にステキなお店があったとか、おいしいお店があるとか、写真付きで教えんかいっ!

(絵でも可)と思ったけど、このガイドブック人気みたいで結構な方が持ってたわよ。

あ、それより見て見て。 この機内食~。 えっらいしょぼいやつ出てきたのよ。

DSCN5077.jpg


このしょっぼいやつ、マルタ名物、うさぎちゃんの肉だったらど-しよ-!

と思ったけど肉じゃなかったから許すわ。(しょぼいとブ-タレた割には完食)

で、定刻より早めにマルタ空港に到着! 夜10時過ぎてたけど、ヨ-ロッパ各国から

続々とフライト到着。  タクシ-(定額制 20ユ-ロだった)に乗り、ホテルへ。 

DSCN5079.jpg


宿泊ホテルは、高級リゾ-トホテルが立ち並ぶ、セントジュリアン地区。

その一角にある、メリディアンへ。 

意気揚々とチェックインするが、返って来た言葉はまさかの、『予約されてません・・・』の言葉。

『は-??? そんな訳ないんですけど!』 と証拠のコピ-を見せると、

『これどこのサイトで予約したの?』と寝ぼけた答え。『あんたのとこの公式サイトだけどっ!』

『なるほど。では代わりに私があなた達の為に予約します。』と恩着せがましく言ったかと思えば、

朝食無し&予約レ-トより300ユ-ロ高い値段で再予約・・・

『ちょっと待て!朝食込みで予約してるし、そもそも値段違うだろ!』と指摘しやり直させたが、

結局表示額を今 訂正出来ないとかなんとかで・・・ 『でも大丈夫!後日修正します!』

と張り切って自信満々に俺を信じろばりに言ってたが、後日修正されてなかったわよ・・・ 

その後も2重請求しようとするわ、上乗せ請求されそうになるわで・・・

ちなみに、コピ-必要!と慌てて予約確認書をコピ-してたけど

(慌てた割にはコピ-機と奮闘しえっらい時間掛かってたけど) 奴は後日紛失してたわよ・・・

これでもこのメリディアン、一応5つ星。 5つ星でこの対応、どうよどうよどうなのよ。。。 

DSCN5081.jpg


長々と書いたけど、部屋は広くて良かったわよ。 立地条件も良くて便利だったけどね。

DSCN5082.jpg

Mr.アントニオのおかげでチェックインに30分以上もかかり、クタクタ&文句タラタラで就寝。

つづく

小ろびんさんのバカンス ブリュッセル

朝起きたら雨女の本領発揮で雨。 しかも冷たい雨。。。 

でも今日はブリュッセルでゲイパレ-ドがあるって言うから、意を決して見にいったの。

まずはその前に、なんたままのお気に入りのお店でランチ。  



ランチが終わると雨は止んでたけど、どんよりで今にもまた降りだしそう。。。

そんな青空の下、1996年から始まった ゲイパレ-ド The Pride へ。

2003年、同性結婚を合法化したベルギ-。 

そして、ゲイ・フレンドリー・ブリュッセルと銘打つブリュッセルは、

同性愛者の協会活動やこうしたゲイパレ-ドの後援をするなど、同性愛者のみならず、

同時に人種差別や性差別の根絶を目指す。

DSCN5060.jpg

そう、このパレ-ドは色々な願いや思いが込められているの。


熱気で包まれたパレ-ドに鼻息荒げに乗り込み、

あ! ちょうど振り返ったわ!今がチャンス! 

DSCN5064.jpg

と思って急いでシャッタ-切ったけど、

見てよ、またブレブレだわよ。。。


今度はド派手な衣装に身を包んだお方発見!

DSCN5065.jpg

でも話に夢中でこちらに気付かず・・・


続きましてこちらのお方たち。 

またしてもわざとらしく小ろびんさんを見せびらかして撮ってたら、

DSCN5057.jpg


キタわ、キタわ! ついに食いついてきたわよ! 小ろびんさんに激しく反応だわよっ!

DSCN5058.jpg


小ろびんさん&ノリのよい、ゲイのお方たち!

DSCN5059.jpg

左の方は自分の本(?)をしっかりとアピ-ル!


時には無視も経験したけど、

S0919110 (500x375)


概ね小ろびんさんマジックのお陰で、

こんな反応や

S0939113 (500x375)


そんな反応

S0949115 (500x375)


そしてそして、キッスまで飛び出す人気ぶり。

DSCN5066.jpg


普段、全く人気のないワタクシでも、小ろびんさんのお陰で人気を疑似体験中!

S0959118 (500x375)


でもさ、ノリノリで撮ってたけど、

このパレ-ド午後2時からって聞いてたんだけど、フライングで早くやるかもよ!と

1時に見に行ったけど、やっぱりパレ-ド始まる気配ないのよね・・・

40分は粘ったけど、何しろ寒いし天気は悪いしで・・・ 肝心のパレ-ドを見ることなく

DSCN5068.jpg

早々と退散・・・ 次の出発時間である、夕方の5時まで家で待機。

つづく

小ろびんさんのバカンス ロンドン後半

旅行2日目。 ロンドン後半。

ベイカ-ストリ-トからサ-クルラインで向かったのは、ノッティングヒル。

1999年公開の映画、 ノッティングヒルの恋人 で一躍有名になったこのエリアは高級住宅街。

DSCN5047.jpg

夏には世界三大カ-ニバルの一つと呼ばれる ノッティング ヒル カーニバルもあり 大変な賑わい。


美容院の看板猫ちゃん。 気持ちよさそうに寝てる所を激写。

DSCN5036.jpg

ついでに何気なく見たこの美容院のカット、1万円。 

高いわねっ!と思ったが、ロンドンでは普通の価格かも。。。

それはそうと、今回ここを訪れた理由 それはポ-トベロ-マ-ケットに行くため。

方向音痴の為、道をすっかり忘れてたけど、観光客が行く道を着いて行ったら

あったわ あったわ。 マ-ケットへ通じる道、ポ-トベロ-ロ-ドが。

DSCN5037.jpg


この道の 閑静な高級住宅街を進んでたら

DSCN5039.jpg


前を歩いていた観光客が熱心に写真を撮り始めたから

ワタクシも撮らなきゃいけないんじゃないの??? と真似して撮ってみたの。

オシャレな家を。  

DSCN5038.jpg

でもこのオシャレな家、ワタクシが家主だったらただの不気味な妖怪屋敷にしてるわよきっと。

オシャレもへったくれもない、気がつけば雑草がボ-ボ-に伸びてました。 

もはや伸びすぎて収集つきません・・・ 的な残念な家にするに違いないわね、きっと。



更に、いちいちオシャレ&めっちゃ高そうな家々を眺めながら どんどん歩いていくと

DSCN5046.jpg


見えてきた、ロンドンっぽくないカラフルな外壁のお店とマ-ケット。

DSCN5045.jpg


そうここが、アンティ-クやインテリアが並ぶ 世界的に有名なポートベロー・マーケット

DSCN5042.jpg

写真撮らなきゃ! と鼻息荒げに撮ったけど、、、

ブレブレじゃない・・・ 

マ-ケットの良さを全く伝えられないこの腕前。 しかも今さら言うのもなんだけど、

これを見に来るためにこに訪れた。と、さっきほざいてたけど、

ワタクシ、マ-ケットやらが好きではないのよね。 まだまだ先にフ-ドコ-ナ-もあるけど

行く気にならず、早々と退散。  一体何しに来たのかしら・・・

DSCN5041.jpg


退散した後は一旦ホテルに戻り荷物を抱えて、ユ-ロスタ-発着駅へ。

DSCN5048.jpg


さっきまで青空だったのにいつの間にかどんよりに。 

そんなロンドンにしばしお別れを告げ、なんたままが待つ、ブリュッセルへ。

DSCN5049.jpg


最初快調に進んでたユ-ロスタ-だけど、途中からス ピ-ドダウン。。。 

そして流れるアナウンス 『技術的な問題で最高速度が出せませ~ん。』 

え? 技術的な問題ってどんな問題!? と思ったけど、まあ20年も同じ車両使ってたら

そういうこともあるわよね・・・ 結局、数十分程度の遅延で無事ブリュッセル到着! 

迎えに来てくれてた、なんたぱぱ&ままに再会! 熱烈な歓迎を受ける!! 

いや、受けたと思う!!! いやいや受けたはず!!! 

DSCN5050.jpg


夜はワタクシのリクエストで無理やりパスタにさせ、客らしからぬ態度で

持ってきた荷物を広げ、大騒ぎ。 でも、朝までぱ-て-!と騒いだ割にはババアなので

すぐにくたびれ、夜11時には就寝。 

DSCN5052.jpg

つづく

小ろびんさんのバカンス ロンドン前半

旅行2日目。 ロンドン。

ハイストリ-トケンジントン駅から、サ-クルラインに乗って向かったのは、

シャ-ロックホ-ムズの街 ベイカ-ストリ-トにある、リ-ジェントパ-ク。 

DSCN5020.jpg


ワタクシ、誰もが認める雨女。 なのに見てよ見てよ、この見事な晴れを!

しかも、いつも訪れる冬とは違って、爽やかで心地よい気候!!

初夏のヨ-ロッパってこんなにもステキだったっけ? と鼻の穴が広がりっぱなしの興奮!!! 

DSCN5022.jpg


その止まらぬ興奮のまま、調子に乗って見に行ったのは、リ-ジェントパ-クにある

バラが咲き誇る ローズガーデン(クィーン・メアリー・ガーデン)

まだバラの季節ではなかったけど、ひょっとしたらフライングで咲いてるかもしれないじゃない!

と思ってはみたけど、やっぱりまだ一輪も咲いてなかったわ。。。

DSCN5025.jpg


まあいいわ・・・ 冬と違って、寒いしどんより空だから、もう帰る!

とブ-タレる程、荒んだ気持ちじゃないし。しかもまだ帰るには勿体ない位の気持ち良さなのよ!

あ、そういえば この公園だけど、東京ドーム40個分以上の広さを誇り、

野外劇場、運河、スポーツ施設、動物園等があるんだけど、夏の間 もっぱら見られるのは

こんがり焼けた小麦色の肌がステイタスである、日焼けに命を掛けた白人の方々。

天気の良い日は、ここぞとばかりに水着で朝から晩まで熱心に日焼けしているのよ。

DSCN5026.jpg


にしても広すぎる公園内。 迷子になるので、地図で位置を確認。 

冬と違い 寒い&天気のせいにしてもう帰る!とはならない。

ってさっき言ってたけど、1個 問題発生。 

それは、ばばあなのですぐ疲れるってことよ。 まだ出掛けて一時間も経ってないのに、

疲れて帰る気満々でどの出口が一番近いか・・・ を熱心に勉強中。

DSCN5028.jpg


一番近い帰りル-トを学び 歩いてたら

なんの花か分からないけど、白い花が咲いててキレイだったから思わずシャッタ-を切ったわ。

DSCN5029.jpg


そして 遠くで 鳥にえさをあげてるおじさん発見。

おじさんのおかげで鳥が人間に懐き、とってもフレンドリ-。  

でもフレンドリ-すぎて、近すぎに寄って来過ぎで微妙に怖かったわよ・・・

DSCN5030.jpg


最後に出入り口付近に咲いてた花を眺め、一時間程の散策を終了。

DSCN5033.jpg


ベイカ-ストリ-ト駅に戻り、しばし休憩。 回復後 次の場所へ。

DSCN5034.jpg

つづく

小ろびんさんのバカンス 

久しぶりに訪れる初夏のヨ-ロッパ。 

長く暗い冬が明け、花が咲き誇る美しい季節に行くなんて、気分もウキウキのはず・・・だが

そのヨ-ロッパに行くには、せっまいせっまいエコノミ-での12時間の移動が待ち構えているから

ババアのワタクシ、気分どんよりなのよ。 歳と共に訪れる疲労感が半端ないのよね。。。

DSCN5013.jpg


でも、気分どんより。。。 とか言いながら、

めっちゃ早く空港に到着し、空港内を物色しまくり、

小ろびんさんと名付けた、わんこのぬいぐるみとこうして写真撮ってるなんて、

端から見たら、一人ではしゃいでる おのぼりババア(イタい)。以外の何者でもないわね・・・

しかも早く着きすぎて、2時間前に既にやる事がなくなり、

まだだ-れもいないゲ-ト前で待機してるんだから、おのぼりばばあ感半端ないでしょ?

DSCN5014.jpg


そんなおのぼりババアを乗せた飛行機は定刻通りに出発。

通路側で隣りは空席。 冬と違って、混んでるだろうと思ってたので嬉しい誤算。

ババア、テンションがちょっぴり上がる!

だが1回目の食事でテンションがた落ち。  

肉が嫌いなワタクシ。 なのに、肉のかたまりが出てきたわよ・・・

魚はないのかい!? い-やあるはず! と ワタクシ、メニュ-を何度も何度も見返すが、

肉 or 肉 しかなかったわよ。 やっぱりビジネスクラスれヴぇるじゃないと選択枠なんてないのよ!

DSCN5015.jpg


次は、途中の間食。 なんとかのデニッシュ。 味はふつうだったわね。

DSCN5016.jpg


そして朝食はモスバ-ガ-。 すぐに食べれるあのモスバ-ガ-が出てくるのかと思ってたら、

自分でトマトやたまねぎ パテを挟み、ソ-スやマヨネ-ズを塗り。。。

まあ、めんどくさいったりゃありゃしなかったわよ。 ばばあのワタクシ、こういうの苦手。

楽しみながら作る工程とかど-でもいいから、既に出来てるやつを 持ってきて欲しかったわ。

まあ、文句言う割には完食だけどね・・・ 

DSCN5017.jpg


そんな感じで、エコノミ-の分際で、ブ-タレてる内にロンドン到着。 入国審査へ。

タ-ミナルが増え、スタアラメンバ-は別のタ-ミナルに移動したので、

入国審査もスム-ズにいくはずだったが、着いてみると長蛇の列!  

それもそのはず入国審査官がたった2人しかいないのよ! 

2人でさばいてる上に質問も長いから全く進まず・・・ 

ふと隣りのEU/UK resident列を見れば審査官わんさか。しかもただID見せるだけだから

スイスイ進んでガラガラよ。 審査員こっちにも増やさんかい!と誰もが思ってから20分後、

ようやく審査員が数名投入され、ついにワタクシの番に!  

女性審査官 『あなた、イギリスに何度も何度も何しに来てるのよ?仕事??』

ワタクシ 『観光です』

女性審査官 『フンっ。もう観光するところもないでしょ!後どのくらい観光すりゃ気が済むのよ』

余計なお世話よ!何度も来ようがいいじゃないの! 大丈夫よイギリスに住み着いて働いたりしないから!

と思いつつも余計なことは一切言わず、 『観光もするけど、買い物もします。』 と交わし、

入国許可のスタンプを無事もらう。 

DSCN5018.jpg

そして、日本出発日の夜中の3時半まで粘って粘ってみつけた、Hilton London Olympia へと急ぐ。

その日のロンドンは満室ばかりでびっくりするほど高く(平日は高いがこの日は特に高かった)

たかが4つ星のこのホテルでも、booking.comやヒルトンサイトで予約すると、5万円程! 

こんな部屋で5万円よ! (ワタクシはいつも利用するサイトで安く泊まれたけど。)

後で気付いたが、宿泊前に オ-バ-ブッキングの為泊まれません。ってメ-ルが来てたようだけど

何故かしれ-っと何事も無かったかのように泊まれたわよ。(ダブルを勝手にシングルにされたが)

それから、雨女のワタクシを歓迎するかのように ロンドンに着いた瞬間

激しく冷たい雨も降り始めたけど、これはいつものことだからまあいいわ。

そして、こんな狭いベッドで繊細なワタクシ 眠れないかも~。と思ってたが、ぐっすり就寝。。。

無事に一日目終了。


つづく
sidetitleプロフィールsidetitle

サミ-インドラ

Author:サミ-インドラ
だっくすのろびんです

イザベラタン♀2010年12月23日生まれ
性格はビビリですが、とっても大人しいです

♪ ろびんの心の友 ♪
名前:なんた ベルギ-在住


名前:しょうゆ ベルギ-在住


名前:まりー・きゃろりん ベルギ-在住/2014年1月19日お星さまになりました    


オ-ダ-首輪&リ-ド

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
sidetitleブロとも一覧sidetitle

湘南生活もろもろ

ダックスコンビ ループ&アスリ

今日も青空
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR